講師紹介

陣野恵美子(じんの えみこ)先生
ピアノ、プレピアノ&音感教育レッスン担当

≪担当曜日≫

月曜日~金曜日 

 

≪恵美子先生からのコメント≫

昔々、私はオルガンで母からピアノを教えてもらいました。

母はいつも左手伴奏がドソミソ〜だけなので、「きちんと楽譜を自分で読んでいろんな曲が弾けるようになりたい!」と思い、ピアノを習わせてもらいました。

そして音色の変わらないオルガンから本物のピアノに買いかえてもらって以来、その魅力がいつまでも終わることなく学び続けています。

皆さんともそんな素敵なピアノという楽器を一緒に楽しみ研究していきたいと思います。

 

≪プロフィール≫

東邦音楽大学卒業 

ピアノを黒沼幸子、迫田時雄氏に師事。

大学卒業後、大手音楽教室でピアノ・エレクトーン個人レッスン担当。  

その後、自宅にて音楽教室主宰。 

各種コンクールで全国大会・アジア大会へ生徒を数多く輩出。 

全日本ピアノ指導者協会正会員



田野口久世(たのぐち ひさよ)先生
ヴァイオリン、ヴィオラレッスン担当

≪担当曜日≫

月曜日 木曜日

 

≪久世先生からのコメント≫

ヴァイオリンは自分で“音”を作っていく楽器です。

一人で作る“音”、みんなで作る“音”、様々な“音”を作ることができます。

また、音楽にはことばでは現しにくいことも表現してくれる力があると思います。

ヴァイオリンを通して、素敵な“音”を楽しみましょう。

 

≪プロフィール≫

名古屋市立菊里高等学校音楽科、武蔵野音楽大学卒業。

在学中、武蔵野音楽大学管弦楽団ヨーロッパ研修演奏旅行に参加。

愛知県支部新人演奏会に出演。

林茂子、菅原英洋、レイ・ハークス、ロバート・ダヴィドビッチの各氏に師事。

パノハカルテットに室内楽の指導を受ける。

室内楽、室内オーケストラ、オペラ公演に参加する他、小学校の管弦楽部のトレーナーを務める。



朴純香(ぱくすにゃん)先生
チェロ担当

≪担当曜日≫

ご相談ください

 

 

≪純香先生からのコメント≫

チェロを持っていると、何の楽器ですか?と良く聞かれます。

チェロですとお答えすると、重いでしょ、大変ですねと言われます。確かに楽器が大きいので、満員電車などに乗る時はすごく躊躇します…。ですが、楽器が大きい分、良い音も出しやすい!そして低い音から高い音まで、脇役から主役までこなせる万能楽器です!!

一緒に楽しく弾いてみませんか。

 

 

 ≪プロフィール≫

福岡県出身

東京音楽大学 卒業

同大学大学院 科目履修科 修了

2006年 イタリアで行われたSchlern Music Festivalに参加

マスタークラスをVagram Saradjian氏に師事 

福岡で行われたWispelweyのマスタークラスを受講

2009年 福井県音楽コンクールにて福井県知事賞 受賞

これまでに秋津智承、堀了介、松波恵子氏に師事

 



遠山美緒(とおやま みお)先生
フルートレッスン担当

≪担当曜日≫

水曜日 

 

≪美緒先生からのコメント≫

メロディスクールでは趣味で始める方から部活で頑張る学生さん、音大受験を目指す方まで

生徒さんのご希望に応じたレッスンをしています。

フルートの上達に基礎練習は欠かせません。でも基礎練が好きな生徒さんはなかなかいません。

この練習は何のために必要なのか、ワンランクアップするために何が必要か、生徒さんが出来る方法で

無理なく続けられるように一緒に考え、お話し、納得して頂けるようなレッスンを心がけています。

 

 

≪プロフィール≫

武蔵野音楽大学音楽学部卒業。

フルートを青木明、高久進の両氏に師事。

日本フルートコンベンションコンクールアンサンブル部門音楽高校の部金賞。

NHKFM洋楽オーディション合格、FM土曜コンサート出演。

日本フルートコンベンションにてアラン・マリオン氏の公開レッスン受講。

ハンス・マルティン・ミュラー氏のマスタークラス受講。

演奏工房「瑠璃」、フルートアンサンブル青s龍メンバー。

現在、アンサンブルを中心に演奏活動するほか、後進の指導にあたっている。



山口雄理(やまぐちゆうり)先生
サクソフォンレッスン担当

≪担当曜日≫

火曜日

 

≪雄理先生からのコメント≫

「サクソフォンって、見た目はカッコいいけどキーが沢山あって難しそうだから手が出しづらいな…」

…なんて思ったことありませんか?

実は、運指はリコーダーと殆ど一緒で音も出しやすく、すぐに覚えることが出来るんです。

僕はサクソフォンに出会ってから沢山の素敵な音楽に触れることが出来ました。

カッコいいメロディー、綺麗なメロディー、明るいメロディー、悲しいメロディー。

あげたらキリがありませんが、サクソフォンはすぐに音が出せるので、なんでも表現出来てしまうんです!

皆さんもサクソフォンを通して色々な表現をしてみませんか。

 

 

≪プロフィール≫

千葉県出身。

東京音楽大学器楽専攻を首席で卒業し、同大学院を修了。

大学主催卒業演奏会、第88回読売新人演奏会、第15回サクソフォン協会主催新人演奏会へ出演。
2016年東京音楽大学主催、オーディション合格者によるソロ・室内楽演奏会にソロにて出演。
第31回市川市文化振興財団新人演奏家コンクール(管打楽器部門)で優秀賞を受賞。
パリ国立高等音楽院教授のクロード・ドゥラングル氏のマスタークラスを受講。
第22回、24回浜松管楽器国際アカデミーにて、オーティス・マーフィー、ジャン=イヴ・フルモー各氏のマスタークラスを受講。
第24回では講師推薦プレミアムコンサートの奏者に選ばれ、更にプレミアムコンサートの結果から「木管楽器代表 Best Performance Award」受賞。アカデミー主催の成績優秀者によるランチタイムコンサートを銀座ヤマハコンサートサロンで開催した。

サクソフォンを小串俊寿、原博巳、本堂誠の各氏に師事。

室内楽を津堅直弘、四戸世紀、小串俊寿、波多江史朗の各氏に師事。『現代奏造Tokyo』メンバー。

アートピア、Life on music、市川文化振興財団各アーティスト。

現在は演奏活動を中心に行い、後進の指導にも力を入れている。