講師紹介

陣野恵美子(じんのえみこ)先生
ピアノ・プレピアノ&音感教育・ソルフェージュレッスン担当

【先生からのコメント】

母の真似で弾くことがピアノの始まりでした。

でも伴奏がいつもどそみそ~♪ なので自分で楽譜を読んで弾けるようになりたいと思い、音楽教室に通わせてもらいました。

グループレッスンが苦手で、個人レッスンの方が自分のペースで進められたので私には合っていたと思います。

当時は家にはオルガンがありましたが、某コンビニに家出をしてアップライトピアノを買ってもらいました。

もちろん音色もタッチも全く違うのでとても嬉しかったのを今でも覚えています。 

いつも一人で弾くのが好きで、音大時代も他の楽器の友人の伴奏か連弾する程度でしたので、今はMelodySchoolで生徒さん達にアンサンブルを楽しんでもらいながら、

私自身も一緒に学んでいます。

多くの生徒さんとレッスンを続けられたことや、自分の人生の中での変化などで考え方も変化があり、趣味で楽しむのも専門的に進路を目指すのも良いですし、

正しい基礎は必要ですが、いろんなジャンルの音楽を聴く・演奏する、ことが昔ほど抵抗がなくなりました。

生徒さんが心で静かに楽しんでくれることも、見落とさずに寄り添ってレッスンしていこうと思います。

【プロフィール】

東邦音楽大学音楽学部ピアノ専攻卒業。

在学中、声楽伴奏や小学校合唱部のコンクール伴奏を務める。

ピアノを黒沼幸子・迫田時雄に師事、ソルフェージュを片柳英男に師事。

卒業後、大手楽器店に就職しエレクトーン演奏グレードと指導グレードを取得し、ピアノとエレクトーンのレッスンを担当する。

その後自宅にて、コンクール・音大受験・ソルフェージュ指導を行い、数多くのコンクールで全国大会アジア大会へ導く。

現在、幕張本郷の音楽教室「MelodySchool」代表。

ピアノ・プレピアノ音感教育レッスンを担当。

ソロだけでなく他の楽器と、生徒さんと講師と保護者の方・・・のアンサンブルが楽しめて学べる音楽教室を目指しております。

 

 

 

 



北山未海(きたやまみう)先生
ヴァイオリンレッスン担当
【先生からのコメント】
ヴァイオリンを始めようとする人がよく耳にする事として、「一般的にヴァイオリンを習い始めるのは3〜5歳から」というお話があると思います。ですが私はそれよりも少し遅く、10歳の時に部活動の合奏部でヴァイオリンを始めました。それでも音楽を学ぶことやヴァイオリンを弾くことが大好きで、今も続けられています。そんなヴァイオリンを皆さんとも楽しく弾き、音楽を学んでいけるようにしたいと思っています。年齢や経験等関係なく、ヴァイオリンを弾いてみたい!という方、もっと色々な曲に挑戦していきたい!という方など、どなたでも大歓迎です!一緒に楽しんでヴァイオリンを弾いてみませんか!
【プロフィール】

千葉県出身。小学4年生の時に合奏部にてヴァイオリンを始める。

中学3年生の時に日本学校合奏コンクール、ソロ部門全国大会出場。

聖徳大学附属女子高等学校音楽科に在学中、音楽科定期演奏会等にも出演。

中、高等学校においてオーケストラを中心に音楽について安藤純氏より多くのことを学ぶ。

ヴァイオリンを横山俊朗、坂本真理の各氏に師事。

現在は、演奏活動を行いながら地元の小学校等でもヴァイオリン講師を務め、オーケストラや個人指導も行っている。

現在、東京音楽大学器楽専攻(ヴァイオリン)在学中。



荒木匠登(あらきたくと)先生
チェロレッスン担当

【先生からのコメント】

チェロは人の声に一番近い音色の楽器と言われています。
落ち着きがありながら、音域は広く、メロディから伴奏、クラシックからロックまで、様々な場面やジャンルで活躍する弦楽器です。
「弦楽器は小さい頃から続けていないと難しいんじゃ……」という声をよく耳にしますが、そんなことはありません!
「楽しく自分のペースでやりたい」「コンクール目指して本気でやりたい」「この曲をどうしても弾けるようになりたい」……など、年齢も動機も関係なく、チェロを弾きたいと思った全ての人のお手伝いをさせていただきます!
【プロフィール】
渋谷教育学園幕張高等学校卒業。
東京音楽大学音楽部チェロ専攻卒業。
第22回クラシック音楽コンクール全国大会入賞。
第3回Kアンリミテッドコンクール弦楽器部門チェロ特別賞。(チェロ部門最高位)
第6回刈谷国際コンクール弦楽器部門奨励賞。
寺田義彦・河野文昭・苅田雅治・山本裕康の各氏に師事。
現在は、オーケストラへの賛助出演やアーティストのCD制作への参加、介護施設での訪問/配信演奏や音楽教室での指導などをはじめ、幅広い音楽活動を続けている。


佐藤利有(さとうりあ)先生
フルート・ピッコロレッスン担当

【先生からのコメント】

こんにちは!私は音楽が大好きです。

音楽を演奏するのも聴くのももちろん楽しいですが、出したい音が出せた時、演奏したい曲が演奏できた時、もっともっと楽しいです!
私はもっと音楽が好きになるようなレッスンをしたいなと思っています。
一緒に音楽を楽しみましょう!
【プロフィール】
12歳からフルートを始める。第11回日本管弦打楽器ソロコンテスト金賞、第27回日本クラシック音楽コンクール全国大会入選、第21回日本演奏家コンクール木管部門入賞、フルートを相澤政宏に師事。室内楽を中野真理、工藤重典の各氏に師事。ハンスゲオルク・シュマイザー、サラ・ルメールのマスタークラスを受講。東京音楽大学3年在学中。


山口雄理(やまぐちゆうり)先生
サクソフォンレッスン担当

【先生からのコメント】

「サクソフォンって、見た目はカッコいいけどキーが沢山あって難しそうだから手が出しづらいな…」
…なんて思ったことありませんか?
実は、運指はリコーダーと殆ど一緒で音も出しやすく、すぐに覚えることが出来るんです。
僕はサクソフォンに出会ってから沢山の素敵な音楽に触れることが出来ました。
カッコいいメロディー、綺麗なメロディー、明るいメロディー、悲しいメロディー。
あげたらキリがありませんが、サクソフォンはすぐに音が出せるので、なんでも表現出来てしまうんです!
皆さんもサクソフォンを通して色々な表現をしてみませんか。

【プロフィール】

千葉県出身。
東京音楽大学器楽専攻を首席で卒業し、同大学院を修了。
大学主催卒業演奏会、第88回読売新人演奏会、第15回サクソフォン協会主催新人演奏会へ出演。
2016年東京音楽大学主催、オーディション合格者によるソロ・室内楽演奏会にソロにて出演。
第31回市川市文化振興財団新人演奏家コンクール(管打楽器部門)で優秀賞を受賞。
パリ国立高等音楽院教授のクロード・ドゥラングル氏のマスタークラスを受講。
第22回、24回浜松管楽器国際アカデミーにて、オーティス・マーフィー、ジャン=イヴ・フルモー各氏のマスタークラスを受講。
第24回では講師推薦プレミアムコンサートの奏者に選ばれ、更にプレミアムコンサートの結果から「木管楽器代表 Best Performance Award」受賞。アカデミー主催の成績優秀者によるランチタイムコンサートを銀座ヤマハコンサートサロンで開催した。
サクソフォンを小串俊寿、原博巳、本堂誠の各氏に師事。
室内楽を津堅直弘、四戸世紀、小串俊寿、波多江史朗の各氏に師事。『現代奏造Tokyo』メンバー。
アートピア、Life on music、市川文化振興財団各アーティスト。
現在は演奏活動を中心に行い、後進の指導にも力を入れている。



和川聖也(わかわせいや)先生
クラリネットレッスン担当

【プロフィール】

千葉県出身。

千葉県立幕張総合高校を経て、東京音楽大学を卒業。

2018年度東京音楽大学シンフォニックウインドアンサンブルにてコンサートマスターを務める。

東京音楽大学主催卒業演奏会、ヤマハ新人演奏会に出演。

これまでにクラリネットを、中村めぐみ、伊藤圭、亀井良信、三界秀実、芳賀史徳の各氏に師事。

P.ベロー、S.ウィリアムソンの各氏のマスタークラスを受講。

ビュッフェ・クランポン主催欧日音楽講座にて、M.アリニョン、F.エオーの各氏のレッスンを受ける。

2017年度、2018年度 東京音楽大学給費奨学生。

The Narmen Clarinet Ensemble メンバー。

現在、桐朋学園大学研究科在学中。



Taeko先生
バレエリトミックレッスン担当

【先生からのコメント】

バレエをやってみたいけど、始める勇気がなくて...そのようなお話をよく聞きます。

まずはバレエに親しみを感じて頂き、親子で習い事の第一歩を踏み出せる空間を作れたら... そんな思いから、音楽教室でのバレエリトミックが開講されました。

レッスンを通じて、お子さんの想像を活かした表現力、 美しい立ち振舞いと柔軟性を親子で身に付けましょう。

楽器コースに進む方も、いずれ本格的なバレエ教室に移行される方のサポートも、メロディスクールは応援致します。英語でのレッスンも可能です。

芸術への第一歩が開かれますように...

【プロフィール】

7歳でバレエを始め、14歳からカナダへ語学留学、現地の高校とカレッジを卒業。

その後は外資系航空会社の国際線客室乗務員として、10年乗務する。

自身の披露宴でバレエを踊る姿が、見開き2ページにわたって情報紙に掲載される。

現在は、英語とバレエリトミック講師をしながら子育て中。